話題のおすすめ曲 -ジョアン・ジルベルト-

2019年の今日、ボサノヴァの神様と呼ばれた、ジョアン・ジルベルトが永眠いたしました。作曲家のアントニオ・カルロス・ジョビンと並んで、ボサノヴァの創生者と言われています。

10代でギターを始め、1951年にヴォーカル・グループ、ガロットス・ダ・ルアの一員としてデビュー。その後、ソロへ移り、アントニオ・カルロス・ジョビン、ビニシウス・モラエスとともにボサノヴァを創生。1964年に元妻アストラッド・ジルベルトとの「イパネマの娘」が世界的ヒット。日本にもファンが多く、最後の日本公演は2006年、75歳の高齢ですが、来日公演を果たしています。

ジルベルト、最初の録音として広くなじみのある曲になった、『想いあふれて (Chega De Saudade)』、2000年にリリースしたアルバム『声とギター(João voz e violão)』のバージョンはとてもおすすめです。アナログLP盤も発売されているので、できればレコードで聞きたいですね

結婚式でもボサノヴァは食事歓談時間にぴったりのBGMです。ボサノヴァ曲は様々なバージョンでカヴァーされているので、自分たちのスタイルに合ったバージョンを選びましょう🎵