実際の結婚式で使用された楽曲をご紹介しています。今回は2023年1月7日に結婚式を挙げられたK様カップル。倉敷でミシュラン・プレートを獲得しているフランス料理レストラン『ポン・ヌフ』での結婚式です。ピアノに縁がある新婦様のご希望で清塚信也の曲をはじめ、ピアノ曲を所々に使用しました。その他にもJPOPや洋楽をバランスよく配置した構成になっています。おふたりの素敵な選曲をご紹介します。

シーンTruckアーティスト – 曲名
《人前式》ゲストへのお手紙01清塚信也-Baby, God Bless You
《人前式》指輪交換02清塚信也-パッヘルベルのカノン
新郎新婦入場03MAROON5 – sugar
乾杯発声04Taylor swift – Paper rings
新婦中座05マライア・キャリー – #Beautiful
新郎中座06BUMP OF CHICKEN – とっておきの唄
新郎新婦再入場07エド・シーラン、エラ・メイ – Put It All on Me
ケーキカット08Bruno Mars – Marry You
お手本バイト09ジャクソン5 – I Want You Back
ファーストバイト10RADWIMPS – いいんですか
ハートフルフラワー①11RADWIMPS – ふたりごと
ハートフルフラワー②12ONE OK ROCK – wherever you are
ハートフルフラワー③13エドシーラン – One Life
新郎の手紙14コブクロ – Million Films(ピアノアレンジ)
新婦の手紙15菅田将暉 – 虹(ピアノアレンジ)
花束(記念品)贈呈16安室奈美恵 – Just you and I
両家代表挨拶〜新郎挨拶17Mr.Children – GIFT(ピアノアレンジ)
おひらき 退場18スピッツ – 運命の人

2023年最初のウエディングになったこの日、親族だけのこじんまりとした温かな結婚式です。 さて今回の選曲は新婦と新婦お母様がともにピアノ好きということでピアノの曲をいくつかセレクト、また好みのJPOPも選曲しています。まずは人前挙式前に新郎新婦からゲスト全員に宛てたお手紙を読んで頂くシーンからスタートします。 01.清塚信也 – Baby, God Bless You 清塚信也のピアノが挙式前の凛とした雰囲気を作ります。挙式ではカノンを使いたいとの意向で、もう1曲、 02.清塚信也 – パッヘルベルのカノン こちらも清塚信也バージョンがあったのでセレクトしました。JPOPが好きな新郎様の中座曲は男性ヴォーカルがかっこいい、 06.BUMP OF CHICKEN – とっておきの唄 をセレクト。 09.ジャクソン5 – I Want You Back はケーキカット後、親御様を呼んでお手本バイトをしていただくシーンです。披露宴の後半にゲスト全員からお花を1輪づついただきながら花束にしていくセレモニー、ハートフルフラワーです。まずは大好きなバンド、 11.RADWIMPS – ふたりごと からスタートします。全員からお花をいただくので3曲セレクトしていますが、最後の 13.エド・シーラン – One Life を必ず最後に流れるように…とのリクエストがありました。この曲は2’38”からはじまるサビへ繋がる音圧がとても印象的なので、なんとか生かすことができないかと考えていたところ、進行で1輪づつの花が、花束になったところで新郎から新婦へ一言添えてプレゼントすることになり、そこに合わせるようにサビを持って行くという高難度なミキサー技術で対応! 無事に決まりかなり感動的なシーンになりました。最終進行に入り今回は新郎様も手紙を読むことになり、男性ヴォーカルの曲のピアノアレンジを探していたところコンピレーションCDに収録されていた 14.コブクロ – Million Filmes を採用。その後の謝辞もコンピレーションCDからのピアノ曲 17.Mr.Children – Gift をセレクト。披露宴の最後、新郎新婦が退場するシーンは、いつものハッピーな気持ちで終われるようにとテンポアップ曲、 18.スピッツ – 運命の人 でおひらきです。大好きなピアノ、そして好きなJPOPなどもミックスしながら想い出に残る結婚式になったようです。ほんとうにおめでとうございます!