実際の結婚式で使用された楽曲をご紹介しています。場所は倉敷でミシュラン・プレートを獲得しているフランス料理レストラン『ポン・ヌフ』での結婚式です。今回は2023年1月15日に結婚式を挙げられたW様カップル。『BUMP OF CHICKEN』、『Back Number』など好きなバンド系JPOPを効果的に使うところに注目です。おふたりの素敵な選曲をご紹介します。

注目!おすすめシーンはココ!!

  • [01tr]新郎新婦入場・・・ダンスホール/Mrs.GREEN APPLE
  • [02tr]乾杯発声!・・・Power of Love/aiko
  • [03tr]新婦中座・・・未来を拾いに/aiko
  • [04tr]新郎新婦再入場・・・リリィ/BUMP OF CHICKEN
  • [07tr]ゲストにお手紙・・・明日への手紙/手嶌葵(オルゴールアレンジ)
  • [08tr]新郎から両親へ手紙・・・誕生日には真白な百合を/福山雅治(ピアノアレンジ)
  • [10tr]おひらき退場・・・瞬き/Back Number
  • [11tr]ゲスト送賓・・・君の恋人になったら/Back Number

今回は好きなJPOPをメインのシーンで使い、食事歓談中、フリータイムはPOPな洋楽をセレクトしています。

まずは [01tr]ダンスホール/Mrs.GREEN APPLE インパクトあるヴォーカルから始まるので入場にピッタリ。続いて新婦様の好きなaikoの曲 [02tr]Power of Love/aiko で乾杯。こちらも始まり感が抜群の曲。新婦様の好きなaikoは中座でも使いました。 [03tr]未来を拾いに/aiko 退席時は妹さんとだったんで、女性ヴォーカルがハマります。衣装チェンジ後の再入場 [04tr]リリィ/BUMP OF CHICKEN は好きなBUMPにテンションアップ↑。最終進行に入る前に新郎新婦がゲスト一人一人に宛てた手紙を一斉に読んで頂く時間。 [07tr]明日への手紙/手嶌葵 本来は美しい歌声が魅力の手嶌葵ですが、手紙を黙読していただくために、あえてオルゴールバージョンに。ふたりとの思い出を頭の中で巡らせていただくお時間になりました。 [08tr]誕生日には真白な百合を/福山雅治(ピアノアレンジ) は新郎が両親に宛てた手紙を読む時間。こちらもピアノアレンジを使いましたが、新郎が読むときのBGMは男性ヴォーカルのピアノアレンジをおすすめします。最後はふたりの退場です。 [10tr]瞬き/Back Number 最後は絶対Back Numberと決めていたふたり。印象的なヴォーカルから始まる音が記憶に残る・・・、そんなおひらきシーンになりました。ご結婚おめでとうございます!