このページでは挙式スタイルの一つ『人前式』に合う音楽のセレクトをご紹介します 披露宴とはちょっと違って美しくナチュラルな音楽や静かなバラード曲がおすすめです。

挙式スタイルを簡単にまとめ

■神前式…神様に結婚の誓いを立てる様式 主に神社で行う 音楽は雅楽を使用
■仏式…仏様に結婚の誓いを立てる様式 主にお寺で行う 音楽は特になくお坊さんの読経
■キリスト教式…イエスキリストに結婚の誓いを立てる様式 音楽は聖歌隊とオルガンでクラシックや讃美歌を歌う
■人前式…列席されたゲストに結婚の誓いを立てる様式 音楽は基本的に自由 CD音源で流すことが多い

音楽ストリーミングサービスで試聴

Sarah Mclachlan(サラ・マクラクラン) – Ordinary Miracle

カナダのシンガーソングライター 映画『シャーロットの贈り物』の主題歌です 2010年のバンクーバー冬季五輪の開会式でも歌われました

[ジャンル]フォーク・ロック、ポップ、アダルト・コンテンポラリー

[おすすめウエディング・シーン]新婦入場、指輪交換、誓約書に署名

Westlife(ウエストライフ) – Starlight

アイルランド出身の4人組ヴォーカルグループ 美しいハーモニーと甘く切ない歌声で アイルランドはもちろん ヨーロッパ・カナダ・オーストラリア・アジアでも絶大な人気を誇っています

[ジャンル]ニューエイジ

[おすすめウエディング・シーン]新郎入場、新郎新婦退場

Paul McCartney & Wings(ポール・マッカートニー&ウイングス)/My Love

元ビートルズ ポールマッカートニーの妻でバンドメイドのリンダに贈った曲 愛があふれる歌詞が結婚式にも合いそうです シーン的にはするシーンが合いそうです

[ジャンル]ロック、ポップ

[おすすめウエディング・シーン]新郎新婦2人で入場

Pentatonix(ペンタトニックス) – Hallelujah

アメリカの5人組コーラスグループ 楽器は無し!すべて声のみ!音空間の広がりは半端ありません! 「ハレルヤ」はキリスト教の「神をほめたたえよ」という意味ですが人前式でも誓いの雰囲気は十分出せます

[ジャンル]アカペラ

[おすすめウエディング・シーン]誓約書に署名・賛同の拍手

Ed Sheeran(エド・シーラン) – Perfect

イギリスのシンガーソングライター 結婚式でもよく使われるアーティストです このPerfectは自身の彼女への気持ちを歌った曲 MVもそんな作りになっています

[ジャンル]ポップ

[おすすめウエディング・シーン]指輪交換、ベールアップ&誓いのキス

Secret Garden(シークレット・ガーデン) – You Raise Me Up

ノルウェー出身の作曲家・ピアニスト、ロルフ・ラヴランドとアイルランド出身のヴァイオリニスト、フィンヌーラ・シェリー 歌はアイルランドの歌手『ジョニー・ローガン』 ヒーリング・サウンドのアーティストとして日本でも知られています この曲はたくさんのアーティストにカヴァーされている曲ですがオリジナルを使うのもおすすめです

[ジャンル]ニューエイジ

[おすすめウエディング・シーン]新婦入場、誓約書に署名、指輪交換

Kevin Kern(ケヴィン・カーン) – Once in the Long Ago

4歳からピアノを学び 8歳で作曲を始める、生まれつきピアノ奏者としての器を持ち備えているアメリカのピアニスト この曲はピアノに合わせたストリングスが清々しさを感じ 優しい雰囲気を作ります

[ジャンル]ニューエイジ / ライトクラシカル

[おすすめウエディング・シーン]指輪交換

The O’Neill Brothers(オニール・ブラザーズ) – Someone You Love

アメリカ ミネソタのインストルメンタルピアノデュオ ティムとライアンの兄弟で構成されています 結婚式向きの曲がたくさんあります この曲はデビ―・ギブソンのヴォーカルバージョンもあるのでそちらもおすすめです

[ジャンル]ニューエイジ / インストゥルメンタル

[おすすめウエディング・シーン]新郎から新婦へブーケセレモニー

《和人前》佐藤和哉 – 誓いの空

2013年のNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌 ゆずの「雨のち晴レルヤ」がモチーフとなった自身作曲の「さくら色のワルツ」が代表曲 自身の経験・感情から生まれる旋律を篠笛にのせて表現するスタイルは温かくどこか懐かしい・・・

[ジャンル]ニューエイジ / ポップ

[おすすめウエディング・シーン]新郎新婦の入場や退場、両家のお水合わせ

《和人前》城之内ミサ – Shigure

東洋と西洋の音楽を融合させたヒーリング系のNEW AGE MUSICをコンセプトにしているパシフィック・ムーン・レーベル 二胡やガムランの音源は中国・東南アジア寄りになりますがピアノだと和人前式で使えます

[ジャンル]ニューエイジ / ジャズ

[おすすめウエディング・シーン]誓杯の儀式、誓約書に署名

Nana Mouskouri(ナナ・ムスクーリ) – Amazing Grace

ギリシャ、クレタ島出身の歌手ナナムスクーリ アメイジング・グレイスは賛美歌ですが透明感のあるヒーリング・ヴォイスを人前式のワンシーンに入れるのもよいでしょう カジュアルよりもホテルや大聖堂などで行う挙式に合いそうです

[ジャンル]ニューエイジ

[おすすめウエディング・シーン]新郎新婦入場、指輪交換、誓約書に署名

Karla Bonoff(カーラ・ボノフ) – The Water Is Wide

アメリカの女性シンガーソングライター 伸びやかでナチュラルな歌唱と優しいフォークギターが絶妙

[ジャンル]フォーク・ポップ / AOR

[おすすめウエディング・シーン]新郎新婦入場、指輪交換、誓約書に署名

Filippa Giordano(フィリッパ・ジョルダーノ) – 愛の喜び

イタリア人で聖歌隊歌手の父とオペラ歌手の母との間に生まれる クラシック音楽を幼少期から学ぶがマドンナやホイットニーヒューストンに憧れポピュラー音楽にも興味を持つ クラシカルなドレスの人前式にぴったり

[ジャンル]ニューエイジ / クラシカル・クロスオーバー

[おすすめウエディング・シーン]新郎新婦入場

Sarah Àlainn(サラ・オレイン) – Beyond the Sky

英語・日本語・イタリア語を使いこなすオーストラリア出身のヴォーカリスト、ヴァイオリニスト その声域は3オクターブ

[ジャンル]ヴォーカル / アンビエント / クラシカル・クロスオーバー

[おすすめウエディング・シーン]新郎新婦入場、指輪交換、誓約書署名

まとめ

披露宴はポップで笑いあり涙あり それとは対照的に人前式はしっとりと感動的にヒーリング系にしてメリハリのある選曲がおすすめです 洋装はスローバラードの洋楽やアコースティック系の楽器を使った曲 和装の人前式は和楽器を使った曲を1曲は入れてみたいですね 気になる曲があれば結婚式で使ってみてください